派遣薬剤師として働く道と求人条件への熟達

薬剤師として派遣で働くメリット

薬剤師 求人 条件 / 薬剤師転職サイト徹底比較

派遣の場合にはその条件を予め整えておくと、それに合っている求人だけを紹介してもらうこともできます。
その手続きをしておいたため、登録をしたら新着案件から次々と紹介を受けることができ、すぐに勤務先を決めることができました。
薬剤師の需要が高いという話は聞いていましたが、派遣で働くという道を選ぶと、職場を選ぶのに大変なほどに募集があります。
まずは試しという気持ちもあって週に3日、合計10時間以上の勤務が原則となっているものを選んで応募したところ、即採用をいただくことができました。
派遣薬剤師として調剤薬局で働くと常勤で働くのとは少し違いがあるという印象を受けました。
基本的な業務に違いはないのですが、調剤と服薬指導といういわば薬剤師としての実務が優先されて、管理に関わる業務には一切手を出さなくて良いという状況があったのが私の職場の状況です。
比較的ルーチンに近い作業になるので、すぐに現場に慣れて仕事をこなすことができ、昔に働いた勘と知識と助けもあって手際よく働く人材として注目されるほどになりました。
店長からももっと働いて欲しいという要請を受けたため、派遣会社に連絡したところ異なる待遇での派遣を実施してくれることになり、時給も上がってより長く働けるようになったのです。
一方、家事との両立も安定してできるようになってきたので、他の求人にも目を向けるようにしました。
ルーチン的な作業が多いことから仕事に飽きてしまうという懸念があったので、他の仕事も並行してやっていこうと考えたのです。
日払いで働ける単発の仕事にも興味がありましたが、時給が高めになっているドラッグストアの魅力に引かれて応募しました。
実務ができるということで即採用になりましたが、現場に行ってみると調剤業務はほとんどなく、OTC薬の説明がほとんどになるのが新鮮でした。
調剤薬局での勤務とは対比的な仕事であり、両立させていくと飽きることもなさそうです。
派遣薬剤師として働くと求人条件に敏感になることができ、その吟味をしながらいくつもの仕事を掛け持ちできるのが魅力です。
子供が育ってきたらもっと働けるようになるので、また仕事を増やして楽しみを増やしていくつもりになっています。

薬剤師の派遣で働く選択で求人内容を吟味できるようになった薬剤師として派遣で働くメリット