派遣薬剤師として働く道と求人条件への熟達

薬剤師の派遣で働く選択で求人内容を吟味できるようになった

薬剤師の派遣で働く選択で求人内容を吟味できるようになった薬剤師として派遣で働くメリット

結婚して退職してしまい、主婦として一生を過ごそうと考えていましたが、職場を離れてみるとやはり働きたいという気持ちも抱くようになりました。
子供が二人いる状況で仕事をするのは難しいという印象もありましたが、時間が自由に使えるように職場を選べば大丈夫だろうという考えもあって家族で相談したところ、夫も了承してくれたので働く道を探すことにしました。
パートで働けば良いと考えていたのですが、結果として選んだのが派遣薬剤師です。
派遣で働くとパートよりも仕事の選択肢が多くて採用もされやすい傾向があるということを知ったからであり、時間の自由度も高いだろうと考えられました。
派遣で働いた経験がある人が周囲にいなかったので不安がありましたが、まずは派遣会社に登録して仕事を探すことにしてみたのです。
求人を見てみると様々な条件が提示されていて、同じ場所からの募集であっても待遇と条件に差異がありました。
少し待遇が良い代わりに勤務時間が長くなっていたり、仕事内容が増える代わりに時給が高くなっていたりするのが比較してみるとよくわかります。
派遣で働くという道を選んだことによって、住んでいる近辺での待遇についての相場がよくわかり、求人募集を見る目が養われました。
主婦として一通りの家事を行う必要があったため、求人条件として必要としていたのは残業がないことや夜勤がないことです。
できれば夕方は早めに帰りたいという希望もありました。